ウィルスの感染症情報と老人性ヘルペス

様々な病院の原因になるのがウィルスですが、中でも身近なウィルスと言えるのがヘルペスです。ヘルペスウィルスは多くの方が持っていると言われており、そして感染するウィルスでもありますので感染症情報もよく出回っています。ただウィルス自体は持っているものの、免疫力が高いなどの理由で症状が出ない事が多いのです。
しかし免疫力が下がっている場合ですとウィルスが暴れてしまうのを防止する事ができませんので、何らかの症状が出てしまう事がありますし、特に免疫力が低下しているお年寄りは注意が必要です。お年寄りの方がヘルペスを発症させる感染症情報も少なくないのですが、発生し易い症状の一つとして帯状疱疹が挙げられます。
帯状疱疹は子供に症状が思われがちですが、お年寄りの感染症情報も多く、帯状疱疹ウイルスに60%程度の方が感染しているとも言われているのです。よって、老人性のヘルペスとも言えますし、それだけポピュラーなウィルスです。
老人性ヘルペスである帯状疱疹が発症した場合の症状としては、体の左右のいずれかに痛みを感じるようになり、それと共に赤く長い水ぶくれ状の斑点が出ます。軽度の症状としてはピリピリとした痛みなのですが、重度になると電気が走るような痛みだったり、体を締め付けられてしまうような痛みまで出ると言われています。
帯状疱疹を発生させると痛み以外にも発熱や頭痛などの可能性もあるのですが、帯状疱疹後神経痛が起こる事もありますので要注意です。これは神経が傷付けられた状態ですが、神経痛やしびれなどが出てしまう事もありますので、老人性ヘルペスに掛かった時にはしっかりと治療する事が大切です。治療の際には抗ヘルペスウィルス薬を使用しますが、効果が出るまでに時間が掛かりますので、しばらく継続する事が重要とされています。

ページトップへ