ヘルペスの病原菌に感染すると膿が溜まることもある

ヘルペスは性感染症でもよく知られている病気の一つです。性感染症の性器ヘルペスは、セックスなどの性行為の際の接触によって病原菌に感染して起こる病気です。病原菌に接触することによって、性器やお尻の周辺などに水ぶくれができます。発症の原因となる病原菌の単純ヘルペスウイルスには1型と2型という種類があり、下半身に症状が出るのは2型の方です。この病原菌の特徴としては、初めて感染した後に免疫がついても感染者の体力が低下したり外傷などがあったりすると再発を繰り返すことがあるということです。ヘルペスの病原菌は一度、体内に侵入すると腰の周りの神経の根元にある神経細胞に潜伏します。その後、何らかの刺激を受けると、潜伏していた病原菌が皮膚や粘膜に出てくることで症状を再発させてしまうのです。セックスなどによってヘルペスに感染した場合、4日から10日ほどの潜伏期間をおいて症状があらわれます。はじめは感染部分に水ぶくれができます。それがつぶれて、ただれたような潰瘍性の病変がたくさんできるようになります。症状は男女で異なり、女性の場合には外陰や膣の入り口やお尻に水ぶくれができることが多く、水ぶくれだけではなく膿が溜まることもありますし、子宮頸管や膀胱にまで広がることもあります。男性の場合には亀頭や陰茎体部に症状が出ることが多く、太ももやお尻、肛門周囲、直腸粘膜などにも出ます。はじめは患部の表面の違和感、痛み、かゆみなどが起き、数日後に赤い発疹や水ぶくれが起こります。男性の場合にも水ぶくれだけではなく膿が溜まってしまうこともあります。ヘルペスは感染力が強いため、溜まった膿などがお風呂の椅子やトイレの便座などに付着すると、他人に感染を広げてしまうことがあります。症状が見られる場合やもしかしたらと思うときには症状の悪化や感染を広げないためにも、早めに病院を受診するようにしましょう。

ページトップへ