潜伏するヘルペスの薬と血小板の減少について

日本では、毎年多くの人がヘルペスにかかります。
ヘルペスは、ヘルペスウイルスによって粘膜や皮膚に小さな水疱が集まる症状が出ます。
ほかのウイルス性の病気と違って、一旦感染すると症状がなくなってもウイルスが潜伏します。
そのため、体力の低下やストレスで体の抵抗力が低くなると、潜伏していたウイルスが増殖して再発を繰り返すのです。
ヘルペスウイルスには、種類が8種類あります。
日本人女性に多い口唇ヘルペスは、単純ヘルペス1型になります。
症状は、体質や年齢などによって異なります。
大人の場合は、数日の潜伏期間の後、痛みやかゆみが出たり、水ぶくれが出てきます。
人によっては、リンパ節が腫れたり、頭が痛くなることもあります。
単純ヘルペスウイルスは、とても感染しやすいので注意が必要です。
皮膚の状態が正常な場合でも感染しますが、皮膚に湿疹ができていたり、傷がある人が患者に接触した場合、感染率が高くなります。
幼児期に感染した経験のある人は、抗体ができており、その後再発しても症状が軽い場合が多いですが、大人になってから感染すると、症状が重くなることもあります。
治療法は、基本的に薬物療法で治療していきます。
症状によって、外用薬と内服薬と点滴を使います。
ヘルペスの治療薬として有名なものに、バラシクロビル塩酸塩が成分の薬があります。
バラシクロビル塩酸塩は、皮膚の症状だけでなく、神経細胞の中にあるウイルスの増殖を抑制する効果があります。
そして、単純疱疹だけでなく、帯状疱疹にも効きます。
ただ、バラシクロビル塩酸塩には、副作用もあります。
まれに、アナフィラキシーショック、血小板が少なくなる血小板減少、血小板減少性紫斑病などの重大な副作用があらわれることがあるので、医師の指導に従って治療を行うことが非常に大切です。

ページトップへ