エイジングケア化粧品

エイジングケア化粧品は少子高齢化が進みいつまでも若々しくいたい女性が増えてきたこと活気づいています。エイジングケア化粧品としては、化粧水や乳液、クリーム、美容液、これらが一つになったオールインワンゲルなどの基礎化粧品が多くあげられます。最近はエイジングケア成分をファンデーションに配合しているものもあります。肌の老化には、しわ、たるみ、くすみ、しみなどがあります。

肌の構成成分は加齢とともに減少していきます。しわやたるみは、肌の真皮の土台をつくっているコラーゲンやエラスチンが減少し、隙間を満たし水分を保持しているヒアルロン酸やセラミドも減少することで皮膚が乾燥してできてしまいます。このため、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドを配合したエイジングケア化粧品が一番多く見られます。くすみやしみの原因は、紫外線によるメラニン色素の産生と沈着です。

正常ターンオーバーが行われているメラニン色素は排出されますが、加齢によりターンオーバーが正しく行われなくなり色素が沈着してしまいます。紫外線により発生する一重項酸素は、しわやたるみの原因にもなります。アスタキサンチンは一重項酸素除去機能が高くこれを配合した基礎化粧品も販売されています。美白効果のあるアルブチンやエラグ酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体を配合したものがあります。

肌のくすみにはハトムギが良いとされていて、これを配合した化粧水は人気をはくしています。この他にも、最近ではゲルマニウムやCoQ10を配合したものもあり、若々しい肌を保つ効果があります。エイジングケア化粧品を使用して若々しくいたいものですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *