エイジングケア化粧品を選ぶポイントは?

人間は、加齢とともに身体の機能が衰えてきます。肌もだんだんと衰えてしまい、早い人では30代になると肌のハリがなくなったり、潤いが足りなくなるなどのエイジングサインを感じてしまいます。そのような人たちに向けて販売されているのがエイジングケア化粧品です。様々な種類がありますが、エイジングケア化粧品を選ぶポイントとはどのようなものなのでしょうか。

エイジングケア化粧品は、加齢によって失ってしまった肌のハリを保つコラーゲンや、保湿をしてくれるヒアルロン酸を化粧品によって補給することにより、元のハリや弾力、しっとりとした肌を取り戻そうというものです。そのため、現在感じている肌の衰えに対応する成分と、これから起きてくるであろう肌の衰えに対する予防策を行うことが重要となります。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分は肌の弾力やハリ、保水力を蓄えます。また、できてしまったシミの改善や、抗酸化作用を期待するならビタミンC、美白にはアルブチンなど、自分の欲しい効果の入っているエイジングケア化粧品を選ぶようにしましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸などは、そのままの大きさでは分子が大きくて肌に浸透しないと言われています。肌の表面で保湿をする効果はありますが、肌の内部には浸透しません。そのため、低分子コラーゲンやナノヒアルロン酸といった分子量が小さくて肌に浸透しやすいと言われているものを選択するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *