敏感肌の方に向いた化粧品のポイント二つ

外部からの刺激の影響を受けやすく、ちょっとしたことでトラブルを起こす敏感肌の方は、どのような化粧品を選べばよいのでしょうか。人間の肌には本来、外部からの刺激を体内へ取り入れないようにするバリア機能が備わっています。敏感肌の方は、主に乾燥により、肌の角層が荒れて隙間が空いていて、このバリア機能が弱ってしまっている状態です。角層に隙間が空いていると、外部からの刺激がその隙間から肌内部へ浸透しやすいため、すぐにヒリヒリしたり赤みが生じたりする上に、隙間からは肌内部の水分が逃げていってしまうため、ますます乾燥が進み、肌が荒れやすくなります。

このような敏感肌の方向けの化粧品はのポイントは、二つあります。一つは、セラミドやヒアルロン酸・コラーゲンなど高保湿の成分が配合された商品を選ぶことです。特にセラミドは、角層の隙間を埋める働きだけでなく、コラーゲンを安定させる作用もあり、おススメの高保湿成分です。基礎化粧品にこのような高保湿で感想対策ができる化粧水や美容液を選んで、肌の乾燥状態を改善することで、肌のバリア機能を高めることができます。

もう一つのポイントは、アルコールや合成保存料や合成着色料などの化学物質を避けることです。エタノールと表記されることが多いアルコールや、パラベン(合成保存料)などが成分に含まれている商品は、避けた方が無難です。成分表を確認するとともに、「敏感肌の方向け」や「肌がデリケートな方用」などが明記してある化粧品を選ぶと、安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *