シミケアに最適なエイジングケア化粧品を選ぶ方法

エイジングケア化粧品には化粧水やクリーム、美容液など数々の種類があります。これに加えて肌のたるみやハリの低下、シミやソバカスケアなどの肌トラブルにあわせても多くの種類があります。ですので、自分の肌の悩みにあわせて選ぶことが大切です。エイジングケア化粧品を利用してシミやソバカスをケアしたいという人は、化粧品に配合されている美白成分をチェックすることがポイントです。

何故なら、美白成分にはシミ予防に優れているものと、シミを薄くする働きに優れているものの二種類があるからです。アルブチンやトラネキサム酸などは、シミ予防に優れている美白成分です。なので、20代や30代などシミのトラブルが少ない段階から使用することで、将来シミができることを予防することが期待できます。特にアルブチンはハイドロキノン誘導体とも呼ばれるほど美白効果が高いうえに、厚生労働省に認可されている安全性の高い成分です。

すでにできてしまったシミやソバカスを薄くしたい人は、肌の新陳代謝を高めるエイジングケア化粧品を使うことで、じょじょに薄くしていくことができます。新陳代謝のアップにはビタミンC誘導体やプラセンタエキスが効果的です。中でもビタミンC誘導体はシミ改善効果が高いうえに、水溶性と油溶性、どちらも性質も併せ持っているのが特徴です。これにより水分の多い化粧水と油分の多いクリーム、どちらにも配合できるので、エイジングケア化粧品をライン使いしやすいのがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *