目的に合わせて活用したい求人媒体 - 求人媒体を活用して転職を成功させる

目的に合わせて活用したい求人媒体

subpage01

求人媒体には、フリーペーパー、情報誌、新聞広告などの「紙媒体」や、インターネットを活用した「Web媒体」があります。

求人に関する情報量が圧倒的に多く、時間を気にすることなく応募できるのはWeb媒体ですが、インターネットを使っていない方にとっては、紙の求人媒体は重要です。

求人媒体は支持されています。

企業側にとっても、地域の幅広い年齢層の方をターゲットにした求人では、紙媒体の方が目につきやすく、ターゲット層が応募してきてくれやすいというメリットがあります。

求人媒体を利用するのは、求人を希望する企業と職を求めている希望者になります。
求人媒体によって記載方法は異なりますが、記載されているのは「正社員」「契約社員」「パート・アルバイト社員」などの雇用形態、「営業」「事務」などの職種、給与、勤務地、福利厚生などになります。


新卒採用の場合はほとんどがWeb媒体を利用していますが、求人数が多い企業では、採用の一連の流れを人材紹介会社に依頼していることもあり、通常の求人広告とは異なる場合もあります。



求人媒体には、企業が無料で掲載できるものから、成果報酬型などの有料のものもあります。


完全に無料で掲載できるものは、応募企業が多くて目立ちにくいデメリットはあるものの、採用コストを下げることができるので、企業にとって人気です。



日本各地には、地方活性化を目的とした求人広告をしているものもあります。


目的に合わせて活用することで、企業にとっても採用される側にとっても納得のいく活動につながります。