様々な求人媒体の種類

subpage01

求人媒体と言っても一つではありません。

求人媒体に有効な知識の紹介です。

様々な求人媒体があるので、地域やターゲットによって使い分ける必要があります。
全国的なお店を経営している方であれば、インターネットを利用した求人媒体を利用するべきです。

多くの方に見て頂く事が可能で、地域も問いませんので、有効的なアプローチを行うことが可能です。
アクセス数の多いサイトを利用する程、大きな効果を見込む事ができます。

デメリットとしては、地域が幅広いので、お店が限定的な場所だとターゲットではない方が面接に応募してくる可能性が考えられます。
自分のお店の範囲が狭い場合は紙の求人媒体がお薦めです。

紙媒体だとエリアが狭いので、自分が望んでいるターゲット層を狙う事が出来ます。


新聞チラシ等では一度切りになってしまいますが、求人雑誌に掲載すると長い間コンビニ等で販売されていますので、人の目に触れる確率は上がります。
紙媒体を選ぶ際には発行部数と費用を比較して選ぶと尚良いでしょう。



発行部数が少ない媒体では、思うような効果を上げることは出来ませんが、費用を抑える事はできます。
発行部数の多い紙媒体は急激な効果を見込むことが出来ますが、その分費用も多くかかってしまいます。

どちらも一長一短がありますので、どの程度自分のお店が人材が不足しているかによって、求人媒体を選ぶ必要があります。



発行部数が多い紙媒体でも費用を抑える方法として、掲載する情報を小さくすると枠が狭くなりますが、比較的安価で載せてくれることも出来ます。